エポキシ樹脂の特長

金属への密着力に優れ、耐薬品性電気絶縁性、耐水性にも優れております。
長期間の屋外耐腐食用途に特に用いられます。

エポキシ樹脂の特性

特性
効果
耐水性
40℃X500時間で異常ありません。(JIS K5400)
耐塩水噴霧試験
5%食塩水 35℃x500時間で異常ありません。
密着性
基盤目テープ法試験。(JIS K5400)100/100
耐酸性
5%硫酸 20℃x240時間で異常ありません。
耐アルカリ性
5%苛性ソーダ 20℃x240時間で異常ありません。
膜厚
300~500μm
色調
ホワイト・ベージュ・グリーン
適用基材
金属

エポキシ塗装にはその他にも以下4つの特徴があります。

  1. 耐食性
  2. 耐溶剤性
  3. 耐光性
  4. 価格

それぞれの特徴について詳しく説明します。

耐食性

耐食性とは簡単に言うと「錆びにくい特性」のことです。エポキシ塗装は、水分を通さないのはもちろんのこと、同時に酸素を通さない性質があるため錆などの腐食予防に優れています。

身近なところであれば、この性質を活かし、海水にさらされる船や釣り竿などに使用されます。

耐溶剤性

耐溶剤性とは、物質が溶剤に浸っている状態でも、変形・変化がしにくい性質のことをいいます。つまり、エポキシ塗装は物を溶かす薬剤(硫酸や塩酸など)に強いということです。

その性質を利用して、濃硫酸など溶かす力の強い薬品を入れるタンクの内側の塗装として用いられます。

光性

耐光性とは、紫外線耐性のことで、唯一のエポキシ塗装の短所ともいえる点です。塗装面に紫外線が当たると短期間で劣化してしまうので、太陽光などが照射される場所に利用する場合は紫外線を防止する塗装をトップコートとして併用する等で防止しなければなりません。

価格

エポキシ塗装は、他の塗料(樹脂)を使用する塗装方法よりも高価になりがちです。その理由は、耐食性・耐溶剤性など他の塗料(樹脂)よりもかなり優れた性質を持っているためです。

一方エポキシ塗装は単価は高いものの、費用対効果は高いため、維持費や管理費がかかりづらく、トータルコストを下げることが可能です。そのため、エポキシ塗装の需要は高いです。

エポキシコーティング用途

ハンドル、ステー、カバー関係、ショーケース、バルブ、ポンプ部品、装飾など

※エポキシはロット対応のみとなっております。ご了承下さい。


お気軽にお問い合わせくださいませ

電話でお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

最短24時間以内にお見積りいたします!