配管

ライニング加工とは

ライニング加工とは、物体の表面または内面に、定着できる物質を覆う表面処理のことです。 表面に施した被膜によって、母材の欠損や劣化を防ぐ機能を付与することができます。

ライニング加工の特徴

耐食性/耐摩耗性/非粘着性/耐衝撃性/防音性

ゴム(耐磨耗性黒ゴム、ウレタンゴム)

金属と用途に適したゴムを加流接着工法と平板を手張り接着の簡単な方法。
タンク、ホッパー類の耐衝撃性、防音対策に内面ゴムライニング

ゴムライニングとは、一般的にはゴムと金属を加硫接着もしくは焼き付けした製品や、加工方法のことを指します。おもに腐食に弱い金属を水や腐食物質から保護する目的で用いられています。配管やタンク類など腐食する可能性の高い環境下で用いられる金属に対して、表面または内側に耐蝕性・耐摩耗性などに優れたゴムを接着します。

接着剤の進歩もあいまって、現在ではゴムライニング加工は経済的な耐食材料のひとつとして幅広い分野で活用されています。

塩ビ(PVC)

半硬質塩ビを接着、溶接加工の工法
耐食、耐薬品用にタンク類内面ライニングまた硬質塩ビでのタンク装置、全面配管共に可能です。

FRP(強化プラスチック)

ガラス帆布を樹脂と接着にて積層工法製罐、立体物一体品も自由に製作可能。

テフロン

シートの片面にガラスニットを埋め込んだものを接着貼り付ける工法。
耐薬品性万能、滑り特性抜群、剥離性能大、表面被膜処理も可能。

ウレタン樹脂

ウレタンライニングとは鉄やアルミの芯や板等にウレタンを注いで焼き付けたものです。強度も強く耐久性にも優れています。肉厚は0.5mmからライニング可能です。

鉄の母材加工もライニング、表面処理と併せての完成品、

大形品の据え付け配管工事まで総合的に受け賜ります。

ライニング加工したホーニングタンク
ホーニングタンク
ライニング加工した大型配管
配管ライニング700A
テフロン(フッ素)ライニング加工
テフロンライニング

お気軽にお問い合わせくださいませ

電話でお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

最短24時間以内にお見積りいたします!